ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

ポートランドに行ったならば、かならず寄ってもらいたい場所があります。

それが、「Kennedy School(ケネディ・スクール)」。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

元々は廃校になってしまった小学校。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

ここを買い取ったのが、「Mcmenamins(マクメナミンズ)」という、これまたとってもポートランドらしい会社。

創始者はブライアン・マクメナミンとマイク・マクメナミンという兄弟。

ポートランドが今ほど注目されるずっとずっと前、1970年代から彼らはこの街を「Weird(奇妙な)」に創りあげていった最大の功労者です。

今では当たり前のように存在する「ブルワリー(醸造所)」と「パブ」が一緒になった「ブルーパブ」をオープンさせたパイオニアでもあります。

”ただ飲める”ってだけじゃ意味がない。そこが本当に面白い場所じゃなければ・・

彼らはこの信念の元、大人だけじゃなく子供たちもワイワイ集まれる「ブルーパブ」創りをしていきました。

その典型的な例がこの「ケネディー・スクール」。

教室だった部屋は、レストラン、パブに。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

中庭にプールも。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

さらには、宿泊部屋までも。

体育館のような講堂は、ミニシアターに。(以前、ワールドカップ決勝のタイミングでここに行った時は、ここでパブリックビューイングやってました)

そして、廊下いっぱいに飾られる全く統一性の無い、ちょっと奇妙なアートや絵画の数々。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

一つ一つ見たら本当にバラバラなんです。好きなもんや気になったもんを、ただただ集めましたみたいな感じ。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

ギフトショップに並ぶオリジナルグッズはどれもタロットカードの絵柄のようなものばかりで・・

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

でもね・・不思議なことに全体で見ると・・どのピースもピシャッとはまり、全てが「ケネディー・スクール」を形成してるんです。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

これってポートランドの街にも言えることで、一つ一つはバラバラでいびつでも、全体を通してみるとそこに統一感がある。

どんなに変わった人でも(というか、そんな人ばっかりなんだけど)、必ず自分の居場所がそこにある。

言うなれば、ジグソーパズル。

「ケネディー・スクール」は、昔からのそんなポートランドを凝縮したような場所なんです。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

実は第1回目の『Love It, Portland(ラブイット ポートランド)』ツアー(2014年)の時、ここに訪れました。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

(ツアー時の写真はその時の参加者の方から頂きました!)

オプションツアーではあったんですが、参加者の皆さんと一緒にピザを食べました。

ポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクールポートランドの魅惑の地、ケネディ・スクール

今年のツアー、改めてこの”魅惑の地”へ訪問予定です!